<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

ランチ

懸賞 2006年 04月 14日 懸賞

グダグダ悩んでいるうちに、歓迎会の日にちは14日に決定。
日にちが無さ過ぎて、ケーキの手配から、詳細をどうするかなど、
急にバタバタ。

私が13日に仕事があるため、12日中にケーキの予約をしなくてはいけないことに。
幹事5人のうち都合のつく4人でケーキ屋めぐり。
5人で14人分の歓迎をするので、歓迎対象者にも少しは負担してもらうけど、
でも、そんなにたくさん負担してもらうのは悪いし、
も、あまりに質素なケーキは悲しいし。

でも、ケーキ屋2件目にして、結構いい感じのケーキを見つけれて、一安心。
自己紹介用カードも記入してもらうように手配できたし、
何とか歓迎会らしくなるかなあ。
皆が満足してくれたらいいのになあ。

一つだけ救いなのは、この5人が同じ思いで、同じ考えな事。

ケーキを予約したら安心して、おなかも空いたし、皆でランチ。
1人の人が切り取って持ってきてくれていたクーポンを頼りに。

「ナシゴレンのビビンパ風ピラフ」という、変わったものをチョイス。
卵にくるまれていて、ピリカラオムライスって感じ。
(また写真撮るの忘れた)

美味しいもの食べると、気分も晴れる。
しかも同じ思いをもつ人たちとだと余計。

昨年はこの4人との出会いにも戸惑っていた私。
きっと今年の新顔さんともそのうち‥‥
を、期待して歓迎会成功したらいいなあ。
[PR]

by cyokopa | 2006-04-14 03:14 | 日常

春の憂鬱

懸賞 2006年 04月 13日 懸賞

実は春の憂鬱は娘の園生活の心配だけから来るものではない。
私の新生活のせいもある。

今学期から、娘の通う園へ同じマンションから新しく入園した人がすごく増えて、
それに伴い、新顔ママさんも急増。総勢19名。
私は、初対面の人と話すのがすごく苦手。
よって、毎朝と、毎夕のバスのお迎えがとても億劫。
挨拶したけど、向こうはお友達同士で、お話しているのに、
割り込むのって、ためらうし、
話し掛けて、目を見て話してくれないと、「迷惑だった?」って気になるし、
見かけによらず、すごくいろいろ気になるので、すごくストレス。

月曜日、園が半日だった。
昨年から一緒に園へ行っている、同じマンションのママさんが
おうちへ招待してくれて、そのおうちでクレープパーティーをした。
クレープを焼いて、皆で持ち寄った具を巻いて、親子で楽しんだ。
その時、新しい人たちとどう付き合おうか
悩んでいるのは私だけじゃないことを知って、
少し安心。で、歓迎会を早めにして、
せめて挨拶できる関係に持っていこうという話になった。

いつするかは、大体3日くらいを挙げて、皆が一番これる日にして、
上の子を卒園させて、下の子が今回入園と言う人も多いけど、
今回入園した人は皆歓迎対象者にしようと、話はき決まった。
具体的な日にちはおいおい決めようということで‥‥。

つぎの朝、バスの見送りに行こうとマンションのエントランスへ向かうと
私達が「歓迎対象者」にしようと言っていた
この春下の子を入園させた、上の子に卒園時を持つママさんが
皆に日にちを聞いてくれていた。
でも、このまま幹事をさせるのは申し訳ないと思って、
ちょうど昨日在園児組みで
新入園児皆を歓迎者対象として歓迎会しようと話していたところなので、
歓迎させて欲しいと、伝えた。
でも、それって、折角してくれようとしたことを止めさせて、
私達の考えを押し切ったことになってしまったのかなあと、気になった。

私達はあんまり行動力が無いのに、
「私達に仕切らせて」みたいな感じに映っちゃった?

こちら的には、入園対象者にいろいろさせたら悪いという気が有ったけど、
任せるべきだった?

歓迎会は数年前から親だけで行っていて、
ケーキを食べておしゃべりするって感じ。

そのケーキに対しても、人数が多いといろいろな意見。

金額高くても、自己負担するから美味しいケーキを食べたいって言う考えと、
金額抑えたい派と。

昨年ぐらいまでは、割と皆同じような考えだったのに、
コレだけ人数増えるといろいろな考え方が出てくる。
皆が楽しんで参加して欲しいし、皆が気持ちよく参加して欲しいけど、
どれだけの人がそう思ってくれているか、全く分からず、
こちらの気持ちがどうすれば伝わるのか、すごく不安。

楽しくしたいけど、いろいろ考えちゃってすごくブルー。

こうやっていろいろ考えながら書いていても、
まとまり無いくらいいろいろ考えすぎて、ぐちゃぐちゃ。
[PR]

by cyokopa | 2006-04-13 23:27 | 日常

久々の出勤

懸賞 2006年 04月 11日 懸賞

春のいろいろな変化になかなか付いて行けず、欝っぽくなっている今日この頃。

久々に仕事。

しかも、仕込から出し場。

久々だし、出し場はただでさえ緊張するのに。ドキドキ。
うどんや、赤出汁のだしをとったり、茶碗蒸しのだしもとったり、
仕込んでる最中で間違えていないか何度も確認。
失敗したら一番取り返しがつかないかも。
だって「今日の茶碗蒸しは有りません」とか
「うどん出来ません」なんて言えないじゃん。
お寿司なら、ネタが見入荷ってことも有るけど。

緊張しながら確認しながらなので、テキパキ出は無い、私の仕事。
でも、今日は雨ってこともあってか、暇。

でも、この暇な中での出し場が私にはちょうど良い感じ。

がむしゃらに働いて、声も出したら、なんだかすっきりしたわ。

チョッとのことで、またへこんでしまいそうな、鬱期には違いないけど、
良い気分転換になったわ。
[PR]

by cyokopa | 2006-04-11 23:19 | 仕事

始業式

懸賞 2006年 04月 08日 懸賞

今日は娘の始業式。
娘はバスで園へ行って
私は後で徒歩で。

そこで初めて担任の先生が分かる。
クラス発表は終業式の日に済んでいるのだけれど、
先生は今日。

昨日は「明日から幼稚園楽しいなあ」と、おお張り切りだった娘も、
仲良しのお友達と離れ離れになってしまった不安からか
今朝は朝からシクシク泣いている。
せも、それを悟られまいと上を向いたり、何度も袖で涙を拭いたりして
ごまかすので、こちらも何度も問いただすことが出来ない。
 
私と一緒に園へ行くか?園を今日は休むか?
聞いてみても、答えはなく、
しくしく泣きながら園の支度をする娘を見て私のほうが泣きたくなる。

園バスの先生に一応今朝の状況報告はしたものの、
新クラスの先生がどこまで気にかけてくれるか不安。

見送った後、さらに不安な気分に。
何でも、娘のクラスの飾り付けを春休みにしているところを目撃したママさんがいて、
娘が苦手な先生らしいという。
泣きながら園へ行って自分の教室にあの先生が待っていたら
どんな気分だろうかと、娘の気持ちを考えるとまた泣きたくなる。

娘は「あの人嫌だ」と、あまり言わないのだけれど、
その先生は嫌だと言っていたのだ。
少し冷たい感じのあるその先生はママさんたちからもあまり良い評判を聞かない。


家事もてにつかないまま園へ向かう。
途中以前同じクラスだったママさんと会い、ほっとして
不安が一気に噴出し、ウルウルしてしまう。

教室へ行くと、娘がすごく緊張しているのが分かる。
痛々しい。

お道具箱や持ち物を届けて先生と挨拶をして、親は帰宅。

園を出るとき、副園長先生に呼び止められる。
「園へ来てからは泣いてませんけど、お友達と離れて不安だったんでしょうか?
これからも様子見ますけど、教室ではどうでした?」と、声をかけられ???
バスの先生から早速副園長先生へ報告されていた様子。
こういうところはしっかりしてるんだよなあ。だから安心なんだけど。
またウルウル来てしまった。

実際年少でその先生に受け持ってもらったママさんに
「結構良かったよ」と、慰められたり、
以前同じクラスだったママさんに励まされたり、
ウルウルし通しでした。

噂はともかく、娘が先生を好きになってくれたらいいなあと、思ったとき、
これから娘と先生のいいところ探しをしていこうと考えた。
帰宅後の娘に「先生どんな感じだった?」と、質問してみたら
「いい感じ」との返事。
はっきり言って拍子抜け。でも良かった。

「前の先生は絵が上手だったけど、今度の先生は何が上手かなあ。
これからいろいろ教えてもらえるし、楽しみだねえ」と、話すと
「今日お歌歌ったとき、先生、ピアノすごく上手だったよ。
きれいな音でさあ、嬉しかった」
と、言うから驚いた。このまま先生好きになってくれたらいいなあ。
「今度幼稚園行ったらお絵かきするって言ってたから、楽しみ。
先生どんな絵書くかなあ」
だそうです。子供はたくましい。
親のほうがへこんでるというのに。

娘は変に気を使うところがあるので、
なんとなく、今回も娘に励まされている感があるのですが‥‥

娘よ、新しいお友達もたくさん出来て、楽しいお話聞かせてもらえれば
私はそれで満足よ。
[PR]

by cyokopa | 2006-04-08 23:43 |

USJ

懸賞 2006年 04月 07日 懸賞

春休みに1回は行こうと言い続け、やっと今日、息子と娘と私とで(またパパ抜き)
行って来ました。
またまた、道に迷い、高速を降り損ねるというトラブルはあったものの、無事に着き、
入り口にはキャラクターも沢山。
f0016090_23371192.jpg

娘はキティーちゃんと一緒に踊ってました。

割と空いていて、混んでいても30分待ち状態。

4時前から弟の家族とも合流して、
皆でジョーズを楽しみました。

息子は弟家族と共に私の実家へお泊り。

娘は明日始業式なので、私と共に帰宅。
帰りは迷わず、すんなり。

来週からは仕事へ復帰。
春休みの間に鈍ってるんじゃないかと不安。
[PR]

by cyokopa | 2006-04-07 23:37 | 日常

桜坂

懸賞 2006年 04月 07日 懸賞

私が住む辺りは、自然がいっぱいで、
パパは、ココへ越してきてから、自然の多さに負けて
花粉症になってしまったくらいだ。

今年も桜が満開。
今日、息子のスイミングへ、久々歩いていくことに。
歩いても20分はかからないのだけれど、
日頃は学校から帰宅して、時間が無いので
慌しく、車で向かう。
そんな道も、公園を抜けて歩いていくと、
草木の香りと、春の訪れを感じることが出来て、
いい感じの散歩コース。

f0016090_110227.jpgタンポポや、名も知らない小さな花々。
公園へ向かう道はなだらかな長い坂道、
そこは見事な桜道。
毎年見事な桜坂の出来上がり。

いつもゆっくり、自然を感じながら、
歩いていけたら良いんだけど。

時間のあるときは、折角の自然たくさんの環境を無駄にしないように、
あちこち散歩しようかなあ。
[PR]

by cyokopa | 2006-04-07 01:10 | 日常

旅行

懸賞 2006年 04月 05日 懸賞

3日4日の1泊2日で三重県の方のリゾート施設へ旅行。

お隣さんとお互いパパ抜きで。

私の運転で行けるか不安も会ったけれど、
最終手段は車のナビに頼ることにして、目的地へ。

途中、やはり、高速の降り口が下調べしたものと、ナビとが意見の食い違いを起こし、
悩んだ末、ナビの言うとおり。
でも、帰宅後発覚したが、もう少し先で降りたほうが近かったらしい。
3時間弱で到着。

コテージを予約していて、人数によりコテージの広さが違ってくるので、
子供ばかりの私達は1階建てのコテージだとばかり思っていたら、
2階建ての方を用意されていて、ビックリ。
f0016090_12591026.jpg子供は2階で遊びまわれて楽しそう。
2階のベットルームは未使用のままでした。
だって1階にも2部屋もベットルームがあるんだもん。

庭にはジャグジーも付いていて、
早速子供達は水着に着替えて
ジャグジーにお湯をためながらプール遊び状態でおおはしゃぎ。
ジャグジーにいっぱいのお湯を溜めないと泡泡を出せないのだけど、
その状態までに1時間以上かかると説明書にある。
f0016090_130421.jpg

子供達はのぼせて、ジャグジー状態を楽しむことなくプール遊びは終了。
贅沢な話だ。

夕飯はバイキングでお腹いっぱい。
お腹いっぱい状態で温泉。

翌日はぽかぽかいいお天気。
そんな中、貸切状態の小さな遊園地を満喫
料金も係員のおじさんの配慮でほぼ無料状態。

その後昨日とは違う温泉へ。
昼食後、昨日と同じ温泉へ。

満喫して帰宅。
帰りも少し道に迷ったけど、途中で大雨になったけど、
無事帰宅。

帰宅後夕飯作るのも再び出掛けるのも面倒で、ピザを焼く。

f0016090_1391536.jpg        


春休みらしいのんびり旅行でした。
パパお留守番ありがとう。
次どこ行こう!!
[PR]

by cyokopa | 2006-04-05 13:16 | 趣味

発表会

懸賞 2006年 04月 02日 懸賞

今日は息子と娘の音楽教室での発表会がありました。

娘は午前の部、間にお昼の部があって、息子は午後の部。
1日仕事でした。
外は雷雨だったらしいけど、
会場へ向かう時も、途中昼食を食べに出掛けた時も、帰りもほぼ雨にあいませんでした。

どうにかこうにか息子も娘も成功してたかな。

で、帰りも6時頃になったので、夕飯を会場近くのファミレスで済ませることに。
事前にそのファミレスの場所を検索した時、
近くにおいしいパン屋さんがあるという情報を仕入れていたので、
食事の後、向かってみた。
f0016090_12482371.jpg
店内にはたくさんのおいしそうなパン。      
サンドイッチ類も豊富にあり、
どれを購入しようかワクワクしちゃう。

明日の朝用に購入したのはこのパン。


私はドライストロベリーが入ったパンとイチジクの入ったパン。
ブルーチーズ入りのパンを食べてみたけど、
それもこれもおいしかった。

このパン屋さんは阿倍野区に有るのだけど、
阿倍野区はおいしいパン屋さんが多いそうです。
来年の発表会の帰りもココへ寄りたいなあ。
[PR]

by cyokopa | 2006-04-02 23:35 | 日常

お腹痛いの

懸賞 2006年 04月 02日 懸賞

朝、出掛ける支度をしていたら、
起きてから構っていなかった娘のプリモプエルの「エリちゃん」が

「お腹痛いの」って訴えてきた。

日頃、構ってないと、
「なんだか寒い~。ゴホゴホ」って訴えてきて、
「お熱かなあ~」と、言って来る。
たくさん抱っこしたり、頭をなでてやると
「ヤッター、治ったみたい!!」と、治る。

だから、お腹痛も抱っこすれば治るかと思い、抱っこしたら、

「嘘だよ~」だって。

で、夕方、今度は息子のプリモプエル「くまたくん」がお腹痛を訴えて、
抱き上げると
「嘘だよ~」

くまたくんの嘘で気が付いた。

エイプリールフールだ。

バレンタインの時は、数日前から
「チョコ欲しいなあ~」って連呼
当日は「ハッピーバレンタイン!!」を連呼

3月3日は
「桃の日ヒュ~」って、言ってた。
思わず、「お前はレイザーラモンか~」って突っ込みたくなったもん。

たまごっちは花見をしていた。

おもちゃで季節を感じたわ。
今日から4月だったのね。
[PR]

by cyokopa | 2006-04-02 23:23 | 日常