結婚式

懸賞 2007年 07月 17日 懸賞

7月7日は私の父方の女の子のいとこの結婚式でした。
招待されると思っていなかったから、いやはや、寿貧乏。
だからたくさん働いたんだよ‥。

なにせ、家族4人招待された四国は香川県での結婚式だから。
旅費やお祝いだけでかなりの出費。
父の弟に当たる人の子供の結婚式なので、
父は弟に旅費を出させるはずは無く、こちらの負担。
流石に安い宿探してくれたり、
高速代の片道は負担してくれたけど。
宿もビジネスホテルの少し規模の大きい版って感じで
露天風呂まで有ったのでなかなかかな。

結婚式は、昨年11月にできたばかりの結婚式場
(洋館チックな建物)で素敵でした。
娘と弟の娘は2人で「リングガール」という
指輪交換のときに指輪を新郎新婦へ運ぶ役を
させてもらい、いい記念になりました。

式を終えてから、きれいなお庭の、
なぜかプールの周りを1周する新郎新婦に
フラワーシャワーでお祝いするときも、
子供達はシャボン玉でお祝いをして、いい感じでした。

披露宴も、最近よくある、仲人さんを立てないタイプのもので、
スピーチも必要最低限で、シンプルなもので好感が持てました。

ただ、うさぎや鳩など食べなれない食事と、
最近めっきり食が細くなり1日2食になっていた私にとって
親戚で(父母弟家族と我が家)行動して、3食きっちり摂る生活は
未だに胸焼け気分を引きずっています。

四国までの道何も無かったはずが無く、
一番大きな事件は

「式場間違えた」事件でした。
車2台に分かれた私達大阪組親戚は
ホテルで着替えを済ませ、
私は弟の車に乗り込みました。

その車に乗り込んだ弟もパパも私も
誰一人招待状を持ってきておらず、
弟がナビに入力するように控えてきたメモで何とか
「リングガール」たちのリハーサルに間に合うように
式場に着いたはずが‥

係りの人に会場を聞いても
「本日そのお名前でのお式は承っておりませんが」との返答。
係りの人から
同じ道の私達が向かってきた方向とは反対方向に
最近式場ができたことを教えてもらい、
そこだと判明して、大慌てで引き返したのでありました。

弟は何をメモって来ていたのでしょうか。
流石に姉弟だわ‥私も起こしそうな事件だもん‥。
[PR]

by cyokopa | 2007-07-17 00:20 | おでかけ

<< 忙しかった‥   バーゲン >>