週末

懸賞 2006年 01月 31日 懸賞

28、29日の週末はいろいろした。

28日はパパが娘を耳鼻科へ連れて行っている間に
ゆっくり寝かせてもらい、家事をし、昼食を準備しているところにパパと娘帰宅。
急いで昼食食べて、お墓参りへ。
帰宅後昨日から煮込んでいたおでんを食べて、
仕事。ラストの仕事。

初めての「出し場」のラスト。
「出し場」は赤だしやうどんや茶碗蒸し、パフェなどの担当。
蒸し器やおなべ、うどんのだしや赤だしを暖めているところや
うどんを湯がくところなど
沢山掃除するところがある。
しかも、最後のほうにオーダーが沢山来る。
はじめだし、聞こえにくいし、もたもたしてて、11時半まわってしまった。
ラストは、ラスト専門の人がほとんどで、
職人みたいな感じ。
仕事は早くて、オーダーこなしながら片付けて行く手際のよさは
ほれぼれする。
そんな中もたもたしていた。
「初めてで、もたもたしててすみません」って謝りながら。
でも、おじちゃん多いので、
「いいよ、いいよ」って手伝ってくれて優しい。

で、29日はパパ休日出勤。

日曜日の定番の子供番組を見てから、

息子が学校の宿題で家の仕事を手伝うことになっていて、
今日は自分の上靴を洗うのと(本当は昨日する予定のお手伝い)
お風呂掃除をしてもらった。
上靴は折角だからこれからもずっとしてねって言いながら教えた。
お風呂はお約束のように自分までずぶぬれになっていた。

昼食を終え、
ココア味のパンケーキを焼いてみた。
みようみまねで焼いたけど、
結構おいしく出来た。

パパが夕方に帰宅して、
夕飯後今日もラストの仕事

今日は洗い物担当。
ただひたすら洗うだけ。
気は楽。
今日は11時15分ごろ終わった。

平日もパパが早く帰ってくる人なら
ラスト専門が気が楽だなあ。

開店前準備とラストとどちらもする人って
あんまりいないからどちらからも
「どんな仕事するの」
って興味もたれる。
お店の1日って面白い。
でも自分で経営は大変だと思う。
私は一生雇われ側で充分。
[PR]

by cyokopa | 2006-01-31 16:12 | 日常

<< バウンドケーキ   グラタンとオムライス >>