始業式

懸賞 2006年 04月 08日 懸賞

今日は娘の始業式。
娘はバスで園へ行って
私は後で徒歩で。

そこで初めて担任の先生が分かる。
クラス発表は終業式の日に済んでいるのだけれど、
先生は今日。

昨日は「明日から幼稚園楽しいなあ」と、おお張り切りだった娘も、
仲良しのお友達と離れ離れになってしまった不安からか
今朝は朝からシクシク泣いている。
せも、それを悟られまいと上を向いたり、何度も袖で涙を拭いたりして
ごまかすので、こちらも何度も問いただすことが出来ない。
 
私と一緒に園へ行くか?園を今日は休むか?
聞いてみても、答えはなく、
しくしく泣きながら園の支度をする娘を見て私のほうが泣きたくなる。

園バスの先生に一応今朝の状況報告はしたものの、
新クラスの先生がどこまで気にかけてくれるか不安。

見送った後、さらに不安な気分に。
何でも、娘のクラスの飾り付けを春休みにしているところを目撃したママさんがいて、
娘が苦手な先生らしいという。
泣きながら園へ行って自分の教室にあの先生が待っていたら
どんな気分だろうかと、娘の気持ちを考えるとまた泣きたくなる。

娘は「あの人嫌だ」と、あまり言わないのだけれど、
その先生は嫌だと言っていたのだ。
少し冷たい感じのあるその先生はママさんたちからもあまり良い評判を聞かない。


家事もてにつかないまま園へ向かう。
途中以前同じクラスだったママさんと会い、ほっとして
不安が一気に噴出し、ウルウルしてしまう。

教室へ行くと、娘がすごく緊張しているのが分かる。
痛々しい。

お道具箱や持ち物を届けて先生と挨拶をして、親は帰宅。

園を出るとき、副園長先生に呼び止められる。
「園へ来てからは泣いてませんけど、お友達と離れて不安だったんでしょうか?
これからも様子見ますけど、教室ではどうでした?」と、声をかけられ???
バスの先生から早速副園長先生へ報告されていた様子。
こういうところはしっかりしてるんだよなあ。だから安心なんだけど。
またウルウル来てしまった。

実際年少でその先生に受け持ってもらったママさんに
「結構良かったよ」と、慰められたり、
以前同じクラスだったママさんに励まされたり、
ウルウルし通しでした。

噂はともかく、娘が先生を好きになってくれたらいいなあと、思ったとき、
これから娘と先生のいいところ探しをしていこうと考えた。
帰宅後の娘に「先生どんな感じだった?」と、質問してみたら
「いい感じ」との返事。
はっきり言って拍子抜け。でも良かった。

「前の先生は絵が上手だったけど、今度の先生は何が上手かなあ。
これからいろいろ教えてもらえるし、楽しみだねえ」と、話すと
「今日お歌歌ったとき、先生、ピアノすごく上手だったよ。
きれいな音でさあ、嬉しかった」
と、言うから驚いた。このまま先生好きになってくれたらいいなあ。
「今度幼稚園行ったらお絵かきするって言ってたから、楽しみ。
先生どんな絵書くかなあ」
だそうです。子供はたくましい。
親のほうがへこんでるというのに。

娘は変に気を使うところがあるので、
なんとなく、今回も娘に励まされている感があるのですが‥‥

娘よ、新しいお友達もたくさん出来て、楽しいお話聞かせてもらえれば
私はそれで満足よ。
[PR]

by cyokopa | 2006-04-08 23:43 |

<< 久々の出勤   USJ >>