やっと15講座完了

懸賞 2006年 03月 05日 懸賞

今日はお昼から「堺市健康づくり推進市民会議」が主催する健康フェア
「こころの健康を考える~笑いの効用~」というイベントへ行ってきた。

ハンドベルを習うのは月2回。1年間通して出席率80パーセントと、
ココの団体が「教養講座」と指定した講座に年間15回出席しないと
3月29日の修了式を迎えることが出来ないシステム。
あと、数回のボランティアも。
(ボランティアなので強制ではないけど。ちなみに私は今期4回参加できました)

月2回のハンドベルは何とか1回の欠席で済んだけれど、
15回の講座は平日は午後からの講座が多く、なかなか参加できず、
土曜や日曜、祝日で、仕事や予定の無い日をやりくりして出席してきた。

それも今日で何とか15回。

いままで、終戦直後の女性の人権のことや、乳がん、子宮ガンの検診の必要性や
パソコンを身近に利用しようとか、クロマチックハーモニカの演奏会とか
いろいろ出席してきました。

今日は、健康には笑うことが良いとのことで、
それを実行しようと漫才を聞かせてもらいました。

まずは、なぜかジャスコンサート。ピアノとベースとアルトサックスの3人での演奏。
1回は聞いたことがあるような曲を5曲ほど。
隣のおばあちゃんはのりのりで椅子がすごく揺れてた。

で、漫才
さゆみ・ひかり(大助花子の娘とやすしの娘のコンビ)の漫才の後ロザン。

今日の講座は一般の人も受けれるものだったので、
前列から2列ぐらいはロザンのファンのようでした。

2組ともなかなか面白かったよ。
隣のおばあちゃんはロザンの漫才終わったあと
「あの子らもなかなか上手になったやないの。」って言ってたけど、何者?

その後、地元のよさこい踊りをするチームが来て、
私たちは座ったまま指導されるままよさこいを踊る。
「しゅ~」って心の中で思わず叫んでしまったわ。(BY金八先生)

そのままヨガの先生が現れ、
座ったままヨガ。
ヨガは体によさそうだし、冷え性のわたしには良いかもって思っていたので、
軽い体験気分で楽しみました。

やれやれ、これで本当に修了証もらえるわ。

来期からは継続するなら「フラワーコース」という名前になって
ハンドベルは同じく続けれるのだけれど、
先生への月謝を参加している人数で頭割りして費用負担するシステム。
今期1年は「新クラス」という名前で、無料で全て受けれたの。
「新」から「フラワー」へ継続する条件が80パーセントの出席率と15回の講座なの。

これで来期もハンドベルできるわ。
来期も15回講座受けないとさらに次へ継続できないので、
続ける限りは年間15回の講座を受けないといけないの。

でも私、結構いろんな人のいろんな分野の話聞くの好きだから
こういう機会作ってもらえてラッキーだと思っているくらい。
でも。子育てと家事と仕事をしていると、年間15回はきつかったわ。

来期もがんばらないと!!
[PR]

by cyokopa | 2006-03-05 22:07 | 趣味

<< 春ですねえ   土曜日らしい土曜日 >>