放送委員

懸賞 2009年 04月 16日 懸賞

息子はこの春で5年生になり
委員会活動が始りました。

息子はじゃんけんで勝ち抜いて
「放送委員」の座をGETしたらしいのですが、

家の外じゃ無口で通っていて
好きな野球をしているときでも「声が出ていない」
と、注意されるような息子が
なぜ自ら志願して放送委員になったのか、
夫婦で疑問を感じています。

3人人グループで
2週間に一度の当番制で
朝の放送、昼休みの放送、掃除の放送をするようです。

「話す練習になるからいいかもよ」と、言っても
「話すだけが仕事じゃないもん、スイッチ押したりしなあかんもん」
と、すっかり裏方狙いのようです。

これを機にどんなところでも自分から話せる様になればいいのですが。
[PR]

by cyokopa | 2009-04-16 00:43 | 息子

<< 環境の変化大   新しい仕事 >>